社会福祉法人制度改革によって、経営面では社会福祉充実残額が発生する法人については会計年度終了後3ヶ月以内(平成29年6月まで)に社会福祉充実計画の策定が求められる等、これまでの単年度予算中心の経営に加えて中長期的な視点での法人経営の重要性が増してきます。
社会福祉充実計画の策定に当たり必須となる、法人の経営環境分析を専門家の全面的なサポートを受け、体系的に整理することで将来に向けて余裕のある法人経営の一歩を踏み出すことができます。

※平成28年度に限り弊社では無料経営支援サポートを実施します。
詳細はコラム「無料経営支援サポートのご案内」をご覧下さい。