「今の自分は過去の自分によって決められ、未来の自分は今の自分によって決められる」という言葉があります。
これは牧師のジョセフ・マーフィーの書籍に書かれていましたが、キリスト教の考え方で、表現こそ違うものの仏教にも同じ考え方があるようです。
私は何かに失敗した時、思い通りにならない現実や情けない自分に苛立ちを覚える時にこの言葉を思い返し、過去は変えることができないので今の自分をすぐに変えることができないかもしれない、でも未来のために今できることを頑張ろうと自分に言い聞かせています。
良い言葉を浴びると心が明るく照らされ、ネガティブな言葉は一瞬にして心中を暗くし不安にさせる。実は現実は何も変わっていないことを考えると、いかに「言葉」が人に与える影響が大きいかを知らされます。
過去の偉人の名言に触れ人生の活力を得ることの大切さを感じる今日この頃です。

株式会社メディカ・コンサルティング
代表取締役 安田 政史